ADHDの勝手口                有末省三さんの神学
HomeChalengedShingakuArisue

二つの神話
今地球上には、たくさんの生物がいる。
 霊長類といわれる人間から、哺乳類、鳥類、魚類、両生類、昆虫類、そして今問題の微生 物。
 地球はまさしく、生命のオンパレードだ。だがここで、私の心には、大きな疑問が起こって きた。
 それは人間が、なぜ地球の王者になったのかということだった。
 たとえば今、一人の男が、素手で猛獣と戦っとしょう。勝てるはずがない。そんな中で人間 はどうして、地上の王者になったのだろうか。
 そんな私の疑問に答えてくれたのが、二つの神話、エデンの園とギリシャ神話プロメテゥス の火だった。
 ところで、エデンの園でアダムとイブが食べたのはなんだったのだろうか。聖書に知恵の実 と書いてあるから、それは果物だったのだろう。
 果物だとすればそれには、糖分がいっぱい入っていたはずだ。糖分は、生物の脳が働くとき には、ぜひ必要なものだ。
 だから糖分によって、二人の脳は変化していた。つまり活性化していたのだ。
 だがその脳で神に接したため神を怒らせ、楽園を追放されたのだと思う。
 ところで、プロメテゥスの話はこうだ。太古、人間は火を持たなかった。それをプロメテゥ スが、天の神の国から盗んできて人間に与えたために、人間はそれによって、火を持つように なったというのだ。
 確かに世界の動物で、火を道具として使うのは、人間以外にはない。火を恐れて逃げるのが 普通だ。
 だから餌にしても、生で食べる。だが人間は普通、火を通して食べる。そのことが、人間の 脳を発達させる大きな原因になったと思う。
 つまり私は、人間が地球の王になったのは、糖分の多い食べ物を食べ、その結果として、火 を自由に使えるようになったせいと思っている。
ガリラヤの風
 日が落ちるとともに、すこし、涼しい風が吹き始めた。
 紀元一世紀、ローマ帝国に支配されたアジアの西のはしにあるユダヤの国、ガリラヤという 小さな村だ。
「大丈夫?」
 村の共同の井戸端で、足に、ジャージャーと水をかけている父に向かって、白ぃ、麻の服を 着た少年が、心配そうにいった。
 今日工事現場で父が、足に怪我をしたことをいっているのだ。だがケロリとした顔で、父は いった。
「こんな物は、石工にとっては、怪我のうちには入らん、さあ」
 そういうと父は、新たに汲んだ水を、少年に差し出した。
「ありがとう」
「さあ今夜も、母さんのうまいご馳走が待ってるぞ」
 二人は顔を見合わせ、ニコリと笑った。だがその時風に乗り、激しい男たちの叫びが聞こえ てきたのだ。
「待て!」
「逃げようたって、駄目だぞ」
「そうだ、そうだ!」
 四、五人の男が、一人の男を追っかけていたのだ。
「奴隷が逃げたのだな」
 ポツンと、父がいった。なにか異様なものを感じたのだろう、ワンワンと、犬が鳴き始め た。
 家々の戸があき、子供たちが飛び出してきた。そして、あっという間に、男たちは井戸のそ ばを通り過ぎていった。
 子供たちが叫びを上げて、後を追った。少年は悲しげな目で、奴隷が、土の上に落としてい った血のあとを、じっと見詰めていた。

 町はずれにある、古い家の改装工事の現場も、午後の休憩時間を迎えていた。
「さっきお昼を食べたばかりなのに、もう腹ペコだ」
 仕事の見習いにきている若者が、ポンポンとお腹を叩いていった。
「これを食べて、頑張ってくれ」
 小さな台の上に置いた、パンとワインを示して父がいった。
「うわあ、うまそうなパンだ」
 思わず若者が、声を上げた。
「母さんが焼いたんだ」
 得意そうに、少年がいった。だがその時、裾の長い白い服を着た、背の高い男が、足早にや ってきた。
 ノッポと呼ばれている、石工の親方だった。
「仕事の方はどうだ?」
「順調です」
「おまえのことだから、安心してるんだが」
 二人は並んで、建物に入っていった。
 馬に乗った兵士たちに守られた大きな馬車が、ゆっくりとやってきた。
 宗主国ローマに送られる、農産物が乗せられているのだ。
「さすがに、おまえの仕事だ」
 建物から戻ってきたノッポが、自分で、ワインを注ぎながらいった。黙って、父が笑った。
 そばのレバノン杉の葉が、風に、小さく揺れた。
                         三日がたった。
 西の空では、夕焼けが始まっていた。
「ご苦労さん」
 道具箱を手に、父がいった。ここの工事も、今日で終ったのだ。
 山の方に向かって、サーッと、小鳥の群れが飛んでいった。
「だが、さすがに石工の息子だ」
 若者の顔を見詰め、父がいった。
「ほんとに、そう思ってくれますか?」
「しっかり修業をすれば、親父のような、親方にもなれるぞ」
 ニコリと、若者が笑った。おなじように少年も笑った。夕暮れの、気持ちのよい風がふいて きた。
 だがその時、賑やかに話しながら、五、六人の人々がやってきたのだ。
 黒い帽子をかぶり、おなじ色の、裾の長い服を着たユダヤ教の司祭、ラビを中心にした人た ちだった。
「わしは土曜日には、必ず神殿にお参りしてる」
 神殿とは、ユダヤ教の神を祭ったところで、そこでは土曜日が聖なる日だったのだ。
「わしもだ、神が早く、わしらの国を作ってくださるよう祈ってる」
 ユダヤ人たちは長いあいだ、自分たちの国を、他国に奪われていたのだった。
「だが」
 あたりを見回し、ちょっと声をひそめ、一人の男がいった。
「やがて神の御子が、われわれの王になるためにこられるんだったな」
「そうだ」
「そうなれば、ローマにだって負けないぞ」
「そうだ、そうだ」
 思わず、人々が叫んだ。しかし静かな声で、ラビはいった。
「神の御子は、そのようなことでこられるのではありません、すべての人の、魂の救いのため にこられるのです」
 東の空でキラリと、一番星が光った。

 秋が深くなった。畑の麦の穂が、いちだんと色づいてきた。
「大丈夫?」
 買ったばかりの薪の束を抱えた少年を見詰めて、黒い服を着た母がいった。
「大丈夫」
 ニコリと笑って、少年がいった。心地よい風がふいてきた。
「でも薪って、大変なものよね、だって」
 じっと少年を見詰め、黒い服を着た母がいった。
「灰になってしまうんだけど、これがないと、食事も作られないし、暖房も出来ない」
 雲が太陽を隠したために、あたりがきゅうに薄暗くなった。立派な服装をした二人の男が、 愉しそうに話しながらやってきたのだ。
「死刑を見るのは、久しぶりだ」
 こくりとうなずきながら、年長の方の男がいった。
 このころのローマ帝国の元では、見せしめの意味もあり、死刑は、公開でおこなわれていた のだった。
「早くいかないと、いい場所が取れないぞ」
「よし、いそごう」
 そういうと二人は、足を速めて歩いていった。ふたたび太陽が顔を出したため、あたりがパ ーッと、明るくなった。
「この間の、奴隷のことね」
 ゆっくりと歩いていきながら、母がいった。こくりと少年がうなずいた。
 このあいだ捕まった奴隷は、ユダヤの役人の私有物だった。だが彼は真面目でよく働くの で、主人の一家からも、深く信頼されていたのだ。
 それが、主人のお金を盗んで逃げようとしたのだ。それというのも、故郷にいるお母さんが 病気だと知ったからだ。
「誰でも、お母さんには会いたい、それも病気と聞いたら、なおさらよね」
 母のことばに、こっくりと、少年がうなずいた。
 元気な声とともに、村の子供たちが駈けてきた。

 村の道を荷車が、ゆっくりと進んでいた。車には、石材が一杯積まれていた。
「変ろうか」
 車を押していた若者がいった。
「まだ大丈夫だ」
 まえを見詰めたまま、少年が答えた。
「元気だな」
 若者のことばに、やはり車の後押しをしていた父がニコリと笑った。
 だがその時、杖を付いた一人の男が、ヨロヨロとした足取りで、道を横切ろうとしたのだ。 どうやら、目が不自由なようだ。
「こらっ、なにをするんだ!」
 ちょうど差し掛かった荷車を引いた男が、大声で怒鳴った。目が悪いらしい男は、慌てて、 後ろへ下がろうとした。だがとっさのことでうまくいかず、ウロウロとした。
「ここは、おまえのような者のくるところではない」
 激しいことばに、目の不自由な男は、ますますウロウロとした。
「ひどいことばだぞ」
 二、三歩足を踏み出し、若者がいった。だが大きな声で、男は叫んだ。
「こんなヤツにウロウロされると、こっちが迷惑だ」
「けど、この人たちも人間だぞ」
「人間な、しかしこいつらは」
 顔をしかめ、男がいった。
「親や自分の罪で、人間としての力を失くしてる」
 この時代には世界のあちこちで、こういった考えがあったのだ。
「けど、本当にそうだろうか」
 じっと盲人を見詰め、若者がいった。
「疑うのか?」
「そうではないが」
 そんな若者を、荷車の先棒に手を置いた少年が、じっと見詰めていた。

 夜、村を見下ろす丘の上だ。
 空には、一杯の星が耀き、村の家々の窓からは、愉しそうに灯りがもれていた。
 虫たちが、生きている喜びを歌うように、やかましく鳴いていた。
 少年イエスは草むらに腰をおろし、天の御父に祈っていた。
 彼は、御父に背いた人間の罪を許すため、この地上にやってきたのだった。
 しかしそれは、考えれば考えるほど、恐ろしいことだった。なにしろ人間の罪を許すために は、彼自身、十字架の苦しみを受けなくてはならなかったのだ。
 恐ろしさは、年齢とともに大きくなってきた。逃げ出したいと、思うこともあった。 
「御父よ、私はあなたの御心に従いたいと思います、でもやはり、十字架は恐ろしいのです」
 手を合わせ、空を見上げて、少年イエスがいった。ホーホーと、寂しげにフクロウの声がき こえてきた。
 黙って、少年イエスは祈り続けた。だがふと人の気配を感じて横を見た。
「あっ、母さん!」
 白い服を着た、母のマリアだった。
「あなたのことが、心配になってね」
「ありがとう」
「私の息子!」
 そういってマリアが、静にイエスを抱きしめた。

 二十年近い、歳月が流れた。
 今ではガリラヤの村で、石工の親方になっている、かっての若者は、人びとの噂話で、都エ ルサレムでイエスが十字架にかけられて亡くなった。しかし三日後に、復活されたという話を 聞いた。
 そしてそのまた三日後、一人家にいた彼のまえに、イエスが現れたのだ。
 イエスは、長い、白い服を着ておられたが、わき腹の辺りにはベットリと、赤い血が付いて いた。
「私は誰だ?」
 イエスはいわれた。
「神の子イエスです」
 男は答えた。
「あなたは、救われた」
 ことばとともに男の肩に手を置き、イエスはいわれた。
 暖かい春の風が、ガリラヤの村に吹いていた。
高校生への講義
 私はご覧のとおり障がいがあります。自分で歩くことも食事することも出来ません。世の中 にはたくさんの障がいのある方がおられます。でも、その障がいの種類はいろいろです。視力 障がい・聴力障がい・知的障がい・精神障がい、そして私のように肢体不自由などです。
 私の知っているMさんは若い頃「脊椎カリエス」の後遺症で立派な成人ですが、身長は小学 生ぐらいです。でも、自動車も運転をし障がい者の先頭に立って働いておられます。また、Y さんは「ADHD注意欠陥多動性障がい」です。外見は健常者と変わりませんが、例えばタク シーに乗ったとき、「右に行ってください」と言うべきところ、「左に行ってください」と言 ってしまうそうです。だから、さまざまな障がいを持った人々を「障がい者」という言葉でひ とくくりにできないのです。例えば、認知症の人のために昔の小学校唱歌や童謡を一緒に歌っ たりします。それは、老人性の認知症の人たちのためには適切なケアですが、私には興味のな いことです。逆に私の好む音楽はその人たちには意味がありません。だから、くり返しますが 障がい者に対する援助と言ってもいろいろです。
 ある特別養護老人ホームで、脳梗塞の後遺症で、全身マヒで自カで起き上がることも、食事 をとることもできない。ほとんどしゃべれない男の人がいました。だから、介護職員も諦め半 分といった様子でした。ところが、そこに1人の若い看護師さんが来ました。たまたまその二 人が長田区の同じ小学校の卒業生でした。もちろん年齢は違います。その看護師さんは、親し みを込めて母校の様子を話しかけたのです。そうすると、その男の人が涙を流したのです。他 の職員たちはそれを見てびっくりして言いました。「あの人が涙を流すなんて。」だから、そ の人に応じたケアが必要なんだなとつくづく思いました。また先ほどの施設で聴覚障がいのお ばあさんがいました,何でも九州の田舎の方の出身で、聾学校に行けなかったので、手話がで きません。だから、他人とのコミュニケーションは手招きだけです。そこにあるとき、音楽の ボランティアがやってきました.入居者は広間に集められました。そのとき、私は介護職員に 「あの人は耳が聞こえないので、ここにいることが逆に苦痛ではないのか?」と言ったとこ ろ、「ああそうだわ。うっかり忘れてた。」と言いました。しかし、後でよく考えてみるとそ の聴覚障がいのおばあさんが部屋に一人ぽつんと残されるのも苦痛だったのではないかと思い ました。音楽会に参加するのも苦痛、取り残されるのも苦痛。手話ができないので状況を説明 することもできない。いったいどうすることがその人にとって一番いいのでしようか。しか し、このようなことは福祉の現場ではよく起こることだと思います。
 私の場合は、体は不自由ですが精神的・知的障がいはありません。ところが、介護職員の中 には、小さな子どもに言うように話しかける人がいて、心の中で「ムッ」とすることがありま す。また、障がい者の集会で先ほど話したYさんが、「有末さんに机を運んでくれとは言いま せん。それは私達がやるから、有末さんは自分ができることをやってくれたらいいんです。」 自分で出来ること、それはこのように話すことです。
 皆さんは福祉の勉強をされていますが、福祉の現場においては頭では分かっていてもどうし てもさまざまな障がい者を『十把一絡げ』にしてしまうことができてしまうと思います。その ときに私の言葉を思い出していただければうれしいです。
神戸のある高校に招かれての講話
 この前テレビでこんな話を見ました。広島市の28歳になる女性の看護師さんの話です。その 人は普段大きなバイクを乗り回し、スポーツは万能、気の強い元気な人でした。だから、看護 師仲間とチームを作り、リレー大会に出場したのです。ところがあと5メートルほどで次のラン ナーにバトンをわたすとき、倒れて意識をなくしたのです。脳梗塞でした。幸い自分の勤めて いる病院に搬送され、命だけはとりとめました。しかし右半身にマヒが残ってしまいました。 もちろん看護師さんですからこんな患者はたくさん見てきたはずです。しかし自分が障がいを 持つ事はまた別です。しかも自分の病院だった事で余計辛さを感じたそうです。私はその事を 聞いて「でもそれは当然だろうな」と思いました。人間誰しも自分が障がいを持つとは本気で 考えたくないものです。
 その看護師さんにもやがて苦しいリハビリが始まりました。でもいくらリハビリをしても元 の元気な身体には戻りません。そしてとうとう勤めていた病院から「これ以上仕事を続けるの は無理」と言われ、看護師を辞めなくてはならなくなりました。そんな彼女に対して看護師仲 間の人たちはどうしていたでしょうか。初めの頃は何をしていいかわからなかったようです。 やがて、障がいを持った人をそのまま受け入れようとしたようです。特に仲の良かった看護師 さんは、落ち込んでいる彼女を外に連れ出そうとしたそうです。ショッピングや喫茶店にも行 ったそうです。そのような協力によって障がいを持った看護師さんは何とか生きていける道を 見つけたようです。私はこの番組を見て、障がい者にとって周りの人たちが障がいを持ったま ま受け入れてくれる事が、最も大事な事だと思いました。
 皆さんは障がい者をどう見ているでしょうか。きっと「かわいそうな人」と思っているので はないでしょうか。「かわいそうな人」という思いの中には「優越感」や「同情」もあるでし ょうが、意識されていなくとも「罪無くして障がいを負った人が居るのに、自分が健康である ことに、一種の後ろめたさを感じる気持」があるのではないでしょうか。その気持があなた方 に障がい者を援助しようという気持を起こさせます。しかし、そのような思いを持っている自 分に気が付かないまま援助をすると、その援助はしばしば障がい者の思いとすれ違ってしまい ます。そうすると、援助者も障がい者も双方が傷ついてしまいます。これはとても大事な事な のですが、「後ろめたさを感じる気持」も「だから援助しよう」とすることも正しい事です。 障がい者には適切な援助は必要ですが、過剰な援助はかえってマイナスになります。この適切 な援助を見極めるため、自分の中にそのような気持があることを知った上で、援助する事がと ても大切なのです。
 もうかなり前の事ですが、こんな経験をした事があります。介護をしてくれた人に私が言い ました。「アメリカでは障がい者に職を与える事に積極的です。障がい者が職を得て収入を得 れば、政府の支援費も少なくなるし、第一障がい者から税金を取ることもできるから」そした らその介護の女の人は言いました。「障がい者から税金を取るなんてひどい話だ」日本では未 だこのような考え方が普通です。しかし障がい者も持っている能力を使って働いて税金を納め るのが当然のことなのではないでしょうか。日本でも早くこのようになってほしいと思いま す。
神の相続人
 2004年11月21日の聖書の第二朗読は次の言葉で始まりました。
「光の中にある聖なる者たちの相続分に、あなたがたが預れるようにしてくださった御父に感 謝しています。御父は、私たちを闇の中から救い出して、その愛する御子の支配下に移して下 さいました」
 多くの場合障害者は主権とは関わりの無い場所にありました。そしてそれはイエス様の生ま れた2000年前と現代と基本的には変わっていないはずです。
 故ケネディー元大統領の妹に知的障害の人がいました。ケネディー家といえば、アメリカで 大きな存在であり、そのファミリーはそれぞれ重要な地位を占めています。しかしその障害者 の妹さんが人前にでる事はほとんどありませんでした。もちろん知的障害の彼女が社会的に活 動するのは困難だったろうし、そのような生き方だけが幸せでない事はよくわかっています。 しかし、それでも私が何か割り切れないものを感じるのも事実です。もしその人に障害が無か ったら社会的に活動しただろうに、ずっと施設の中で暮らす事を余儀なくされていたようで す、彼女の存在が、選挙にマイナスに作用する事を心配しての事でしょう。40年程前のこと です。
すべての人は神の相続人です。
障害者もまた神の相続人です。

 ケネディー家の話と同じ頃、故マーチン・ルーサー・キング牧師による公民権運動が始まり ました。「差別は神の意志に反する」と考え、自分達の主権と尊厳を取り戻す為、声をあげた のです。
 私たち障害者もまた、声をあげ、行動する時が来たのではないでしょうか。昨年7月のカト リック障害者連絡協議会の大阪大会はある意味でマーチン・ルーサー・キング牧師のバスのボ イコット運動にあたるのではないかと思っています。それをバネとして、今日のような障害者 と共に奉げるミサを始め、障害者もミサにお客様として参加させてもらうのではなく、教会の 一員として教会活動に積極的の参加しようという雰囲気が広がってまいりました。この運動を 更に大きく発展させていきましょう。また女性差別や国籍差別、部落差別、婚外子差別などの 差別反対運動とも連帯していこうではありませんか。
神の汚れた手
 もうかなり以前の事ですが、カトリック作家の曽野綾子さんの作品の「神の汚れた手」で、こんな箇所を 読んだことがあります。それは曽野綾子さんがローマにある先天性障害児の施設を訪れた場面です。 その施設はある修道会の経営の為、シスターやボランティアたちの働きによって運営されていました。そ の施設は、重度・中度・軽度の三つのブロックに分れており、部外者が入る事ができるのは軽度のブロ ックのみでした。曽野綾子さんはカトリック作家という事もあり、中度のブロックまで特別に入る事が許可 されました。しかし、重度のブロックへは入る事が許されませんでした。それはそこの子ども達の姿があ まりにも酷いからでした。もうずっと以前の事ですので、正確な文章は忘れましたが、次のような意味の ことが書いてあったと思います。「私はまず目をそらせようとした。そこに居たのは人間というより『不気 味な物体』といった方が良いものだった」中度でこれですから、重度の所は推して知るべしでしょう。しか しシスターやボランティアの人たちは黙々と働いていました。もちろんその人達にもそれぞれの考えはあ るでしょう。しかし共通しているのは、「私があなた達を愛したように、あなた達も互いに愛し合いなさい」 というイエスの言葉だと思います。確かにイエスの言葉は人間を内面から変革させます。しかしもし、イ エスの全能の力を持ってすれば、そんな酷い障害を子ども達に与えなかった方が手っ取り早いのではな いかという気持ちが湧いてくるのも事実です。そうすればその子ども達も人間らしい生き方ができるし、 その子ども達を産んだことで苦しんでいる親も苦しまずにすんだはずです。
 それを思う時、私はゴルゴダの丘へと向かうイエスの十字架を背負わされたクレネ人のシモンの事を 考えます。彼は自分の意志で十字架をになったわけではありません。人々に無理やり十字架を背負わ され歩かされました。その十字架は重くて、シモンにしたら、それを放り出して逃げたくなったのではない でしょうか。けれど彼の行為は、たとえわずかでもあえぎ苦しむイエスの助けになりました。シモンはクレ ネ人ですからユダヤ人から軽蔑さえていたはずです。またイエスのことは、その時まで知らなかったので はないでしょうか。しかし、自分より更に苦しんでいるイエスを見た時、彼は心を動かされ、十字架を放り 出したいと思う心を押さえつけたのではないでしょうか。
 障害者も、自分の意志でそうなった人はまずありません。何等かの力でそうされたのです。障害者が 障害をになうと言うのはシモンがイエスの十字架をになったのと同じではないでしょうか。障害者にとって 障害をになうと言うのは、決して簡単に納得できるものではありません。障害者の本音としては、悪魔に 魂を売ってでも傷害から逃れたいと思います。それはとても大きな魂の戦いです。私の場合、十字架上 のイエスの中に自分を見つけたのです。イエスはゲッセマネの園で激しい恐怖の中に在ったと思いま す。しかしそれから逃げようとせず、ビア・ドロローサを重い十字架を背負って登り、そして苦しみの中で いき絶えられました。その時私もキリストと共に死に、キリストと共に復活しました。それによって私は、 尊厳をもった存在とされたのです。
 もし、私に障害が無かったら、私はきっと多くのことを自分の力でできたでしょう。そして、神を知らず、 鼻持ちならない傲慢な人間になっていたのではないかと思います。しかし神は私を選び、私に障害を与 え、なお私を放さなかった。私は障害者であるにもかかわらず、神の為に働けるのではなく、障害者であ るからこそ、神の為に働ける。そのために私は神にとらえられた。たとえわずかでもイエスを助ける事が できると思うからこそ、障害をにないつづけられるのです。
障害を直せなかったイエスの苦しみ
 私は神戸の垂水教会の有末省三です。こちらの教会にお招きいただき昨日からやってまいりました。 私はずっと障害者のイエスについて考え続けてきました。つたない話ですがお聞きください。
 聖書には、障害者とイエスが関わる場面が幾つかあります。その一つにマルコによる福音10章42か ら11章6があります。その部分を読ませていただきます。「一行はエリコの町に着いた。イエスが弟子た ちや群衆と一緒に、エリコを出て行こうとされたとき、ティマイの子でバルティマイと言う盲人の物乞いが 道端に座っていた。ナザレのイエスだと聞くと叫んで『ダビデの子イエスよ私を憐れんでください。』と言い 始めた。多くの人が叱りつけて黙らせようとしたが、彼はますます『ダビデの子よ私を憐れんでくださ い。』と叫び続けた。イエスは立ち止まって『あの男を呼んできなさい。』と言われた。人々は盲人を呼ん で言った。『安心しなさい。立ちなさい。お呼びだ。』盲人は上着を脱ぎ捨て、躍り上がってイエスの所に 来た。イエスは『何をしてほしいのか。』と言われた。盲人は『先生、目が見えるようになりたいのです。』 と言った。そこで、イエスは言われた。『行きなさい。あなたの信仰があなたを救った。』盲人はすぐ見え るようになり、なお道を進まれるイエスに従った。」
 こんにち、この言葉は「バルティマイは信仰が篤かったから、彼の目はイエスによって見えるようにして もらえた」と解釈されることが多いのではないでしょうか。しかし私はこの解釈に疑問を感じるのです。こ れだと「障害を治して貰えない人は信仰が薄いからだ」と言っているのに等しいのではないでしょうか。こ の解釈によって、障害が治らなかった人は二重に傷付きます。一つは障害そのものにより、もう一つは 信仰が薄いと言われることにより。イエスの公生活の中で、多くの障害者がイエスに障害を治して貰い たいと願って、イエスの所にやって来たはずです。その障害者全員はイエスによって障害を治して貰え たのでしょうか。治してもらえなかった障害者もいたのではないでしょうか。何故こんな事がおきたのでし ょうか。
 私は三年前ルルドに巡礼に行きました。私の体には奇跡は起こりませんでした。ルルドの奇跡がその 体の上に顕われなかった人たち全員が必ずしも信仰の薄い人とは限らなかったはずです。もし信仰の 深さによって障害が治るか治らないかが決まるなら、ルルドだってそうなるのではないでしょうか。ですが そうではないように思います。障害を治して貰えない大勢の障害者がいる中で、一部の人だけが障害を 治して貰ったことを考えると、何故他の人たちは治して貰えなかったのかという思いが起こり、私の中に 解決出来ないものが残るのです。イエスは障害者を、その人の障害を治す人と治さない人に区別したの でしょうか。私にはとてもそうは思えません。私にはその時のイエスには、障害者全員の障害を治す事 が出来なかったのではないかと思うのです。だから私には、その時、治してほしいとイエスに必死に求め る人たちを前にして、悲しそうな顔をしていたイエスのイメージが浮かんでくるのです。私の心の中を言う ならば、私はすべての障害者を治したいと望むイエスを求めているのです。治してくれとすがってくる障 害者を前にしながら、その人たちを治す事が出来ず、立ち尽くしているイエスを。治してもらえない障害 者の苦しみ、彼らを治せないイエスの苦しみ。その二つの苦しみが一致した時、イエスは障害者の同伴 者となります。そのイエスを想像する時、私はいつもルオーのキリストを思い出します。そしてルオーの キリストは、私の中でいつもコルベ神父のイメージと重なってきます。ナチスドイツのアウシュビッツの収 容所で、ユダヤ人たちが殺されていくのを、何も出来きずにただ立ちすくみ見つめているコルベ神父に。 もしイエスが全能の力を持ちながらある障害者の障害を治し、他の障害者の障害を治さないならば、言 葉を変えると、治す障害者と治さない障害者を分けるならば、そのイエスによって私は救われません。こ の私の体の障害は、イエスの拒否のしるしとなるからです。逆に、治して欲しいと求める障害者を前にし ながら、何もしてやる事が出来ないイエスによって私は救われるのです。イエスが私の苦しみに心を寄 せ、私と一致してくれていると感じる事が出来るからです。障害を治す事と救う事は違うのです。すべて の障害者は障害を治して欲しいと望みます。先に呼んだ福音書の中でも、バルティマイが「上着を脱ぎ 捨て、躍り上がってイエスの所に来た。」とあるように、その願いは切実です。しかし必ずしもその障害が 治るとは限りません。治る障害者がいるから、治らない障害者の苦しみはより深くなります。しかしイエス はすべての障害者を救います。障害を治せないから救うのです。治してもらえない障害者の苦しみと悲 しみに、治せないイエスの苦しみと悲しみが一致した時、同伴者イエスが誕生するからです。最初に読 みましたマルコによる福音書には「あなたの信仰があなたを救った」とあります。昨日私は、十字架にか かられたイエスは障害者以上の障害者であったといいました。イエスは私たちの苦しみに対し、その体 ごと一致してくださっているのです。イエスの救いはその十字架上の死によって私たちに与えられていま す。後はただ私たちがその救いを受け入れるか受け入れないかです。信仰とはイエスの十字架上の死 こそが救いの源であると信じるか否かです。それゆえ「あなたの信仰があなたを救った」という御言葉が 成立します。私はルルドに行きましたが体の障害は治りませんでした。しかし、ルルドに行って救われた と感じています。
 今日は私の話を聞いていただいてありがとうございました。
ロレンソ
 私は神戸の垂水教会の有末省三です。このようなたくさんの方たちの前でお話できる事を、とても嬉し く、光栄に思っています。
 今日は、少しイルマン・ロレンソのことを話したいと思います。イルマンとは修道士のことですから、ロレ ンソ修道士という意味ですね。彼はフランシスコ・ザビエルに洗礼を受けた日本人ですが、元々は、比叡 山の琵琶法師だったといわれています。琵琶法師というのは、昔、目が不自由で、琵琶を手に町や村を まわり、仏教の教えをわかりやすく語り歩いた人のことです。もっとも宗教の話だけでなく、物語なども挟 んだようです。イルマン・ロレンソも片目が見えず、残った目も不自由だったようです。しかも歩く時に片 足を引きずっていたというので、視力障害者であると共に、肢体不自由者でもあったようです。彼は多く の人を信仰に導きましたが、彼について伝えられている話で、一番有名なものは、安土城での逸話で す。その頃近畿地方でもキリシタンが増えてきたので、仏教の僧侶たちが、時の最高権力者である織田 信長に、キリスト教の禁止を願いでたのです。それに対し信長は僧侶やザビエルたちを安土城へ呼び、 宗教論争をさせました。そのときザビエルに同行し、日本語や仏教に詳しくない彼を助けたのが、ロレン ソでした。彼の活躍のせいもあって、信長は最後に言いました。「今日の結論はキリスト教の勝ちであ る。だから今後とも布教は自由とする。」その結果近畿地方にもキリシタンは更に増えてきました。
 ところで、琵琶法師だったロレンソは何故キリシタンになったのでしょうか。そのことに付いては何の記 録もありません。ただ私はこう思うのです。障害を持つということは本当につらく悲しいものです。一度で いい、健常者のように見たい、聞きたい、歩きたい、生活したいと願っていたはずです。また、当時の日 本では、琵琶法師は人間以下の存在として扱われていました。現在視覚障害者のための老人ホームで 暮らしている、最後のゴゼと呼ばれる女性は、NHKの心の時代というラジオ番組の中で「自分は大変つ らいめにあってきたけれど、これは自分が前世で犯した罪のためだ。せめて今の世でよい事をすれば、 次の世でたとえ虫として生まれても目が与えられるだろう」と、語っておられるのを聞いた事があります。 ロレンソは自分の生涯を自分の前世の罪の結果として受け入れ、あきらめの中で一日一日を過ごして いたのではないでしょうか。それは人間の精神の拠りどころとなるような部分をすりつぶすような日常で す。そんな彼がザビエルからイエスの話を聞いた時、彼はどう感じたでしょう。「弟子たちがイエスに尋ね た。『ラビ、この人が生まれつき目が見えないのは、誰が罪を犯したからですか。本人ですか。それとも 両親ですか。』イエスはお答えになった。『本人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。 神の業がこの人に現れるためである。』ヨハネによる福音九章十一節さらに「このような自分のためにも イエスは十字架上で苦しまれた。」だからこそ彼は洗礼を受けたのだと思います。もちろん洗礼を受けた からといって、彼の目も足も良くはなりませんでした。しかし、自分の為に自分より更に大きな苦しみを受 けてくださった方があったということは、彼に大きな喜びと力を与えたことでしょう。彼は初めて自分を一 人の人間として、尊厳を持った人間として自覚したのではないでしょうか。彼はまさしくキリストと共に十 字架の上で死に、キリストと共に復活したのです。彼はそれを体験したのです。それゆえ彼は自分の十 字架を背負いイエスに従ったのでしょう。
 イルマン・ロレンソのことはすでに現代の教会では忘れ去られています。しかし今日の大会で彼のこと を思い出すのもまた意味があるのではないでしょうか。そのため私は今日彼のことをお話したのです。
 どうもありがとうございました。
イエスは障害者以上の障害者
 5月に垂水教会で行った「障害者と共に」のミサで、私の話が良かったので、ここでも何か話すようにと のことでやって参りました。
  ところで、ヨゼフは大工さんでした。しかし技術労働者としてではなく、言葉として適当であるかどうか 分かりませんが、日雇い労働者にちょっと毛が生えたようなものだったと思います。そのため収入も蓄え も少なく、仕事にあぶれた日には、パンを買うお金もなくイエスにだけ与え、両親は水を飲んで我慢して いたこともあったのではないでしょうか。又、浜尾大司教は「イエスは難民だった」と、言われました。そし て吉川さんは「イエスはててなし子だった」と、言われました。つまりイエスは難民で、ててなし子で、何も 食わずにいるような家庭の子だったわけです。しかし、「私は仕えられるためではなく、仕えるために来 た」と、言われたイエスにとって、それはふさわしい状況だったと言えるかも知れません。
  しかし、私はそこまで考えてきて大きな疑問を持ちました。それは常に小さくされた者と同じ立場に立 とうとされたイエスが、何故障害者ではなかったかということです。そのことについてしばらく考えてみまし た。そんな時、前にラジオで聞いたプロテスタントの神学者の言葉が心に浮かんできました。その人はこ う言ったのです。その頃のユダヤの町は、外敵の侵入に備え城壁に取り囲まれていました。だからその 中には法と秩序があり一般市民の生活がありました。しかし、障害者や犯罪者や娼婦、そして今の言葉 で言うストリート・チルドレンに当たるような子ども達が住んでいる城外は無法地帯でした。しかし、聖書 を見るとイエスは障害者や娼婦達に何度も会っておられます。このことは、イエスは町の外へ出ておら れたということになります。城壁は一般市民と虐げられた者とをさえぎる文字通りのバリアでした。でもイ エスはバリアを越えようとされたのです。だからこそ、私はイエスが障害者である必要はなかったのだ と、一応納得したのでした。
 でもその後しばらく経った時ハッと思ったのです。それは十字架上のイエスが、障害者以上の障害者 であったのではないかということです。釘打ちされた身体は1センチも動かなかったでしょう。そして激し い痛みとのどの渇き、最後には目もあまり見えなく、耳もあまり聞こえなくっていたのではないでしょう か。そして「父よ、何故私を見捨てられるのか」という絶望感。勿論、イエスが十字架にかかられたの は、人間の罪の償いのためです。でも障害者以上の障害者になられたということがバリアを無くそうとさ れたイエスの行動の原点であると同時に到達点であると私は思うのです。
 では最後に、5月に垂水教会で私が作った障害者のための祈りを捧げて終わりたいと思います。「主 イエス、私たち障害者にあなたの目を向けて下さい。私たちが苦しみ、悲しみ、痛みに耐えている時、あ なたもまた、苦しみ、悲しみ、痛みに耐えて下さっていることは知っています。でも、私たちは弱いので す。 主イエス、あなたの目をさらに私たちに向けて下さい。アーメン」
  どうもありがとうございました。

トップへ
上に戻る
直前のページへ


友から友へ