ADHDの勝手口                                    脳とこころ
HomeKokoro


 医者でない人間が、「脳」を語ることは、実に分不相応なことであると理解しているつもりです。しかし、語りた
いと思います。人は、脳を小さな「宇宙」と呼びますが、少し宇宙について想いをはせてみたいと考えます。
 1963年、私は高校の校長から「ビッグバン説」を教えてもらいました。「ビッグバン」とは宇宙の始まりの大爆
発のことで、1929年にハップルが宇宙を観察していると、すべての星がどの方向にも遠ざかっていることを発
見し、これは宇宙全体が膨張していることになる大発見でした。後に1946年、ガモフが「ビッグバン説」(宇宙
の起源は、宇宙全体が太陽系ほどの大きさの高密度の火の玉宇宙が誕生し、誕生した瞬間に大爆発を起こし
ものだ、という説)を唱えました。まだ1963年頃は、「ビッグバン」は、仮説だったのです。しかし、2年後の19
65年ベル研究所の2人の学者が、ビッグバン直後のマイクロ波を発見し、「ビッグバン」が実証され、さらにア
メリカのNASAが「雲」(ビッグバン後の混沌とした宇宙から今の宇宙の原型に近い雲)の発見と共に、3大発
見と呼ばれているそうです。
 宇宙が、ビッグバンにより誕生し、次に銀河系の誕生、太陽系の誕生、そして地球の誕生となる訳です。地球
も誕生した当初は、火の玉で次第に温度が下がり、水蒸気が冷やされ雨となり、何日も何日も雨が降り、海が
出来、海から生命の誕生がはじまったとされています。

 人間の生への旅立ちは、精子と卵子との出会いから始まります。受精卵の猛烈な細胞分裂の勢いは、まさし
くビッグバンに匹敵するといわれています。この営みの神秘は、科学を信奉するものにとっても、大きなロマン
です。
AAの12ステップ  愛の伝え方  脳のはなし

頑張らないで  やすおの夢

上に戻る
直前のページへ


友から友へ