ADHDの勝手口                                 私の履歴書
HomeRireki


散文と詩集
散文と詩集
カトリック新聞
カトリック新聞
「わが85」吉川常夫回想録
「わが85」吉川常夫回想録
「わが90」と年表
「わが90」と年表
 今から50年前の1951年の9月に一人の男の子が生まれました。小さい頃からその子は、
落ち着きがなく運動神経が悪かったそうです。また、5才から始まった吃音(どもり)は、18才
まで続きました。その子の小学1年生の通知簿には、こんなふうに書かれていました。1学期、
「細かいことにも良く気がつく神経で少し気が散るようです。理解は良いと思いますので、落ち
ついて学習するように希みます。」望が希望の望でわなく希望の希の字であるところが年代を
感じます。1957年のことです。2学期、「子どもらしく無邪気な性格で楽しそうです。読解力を
付けて下さい。」3学期、「理数科は興味を持って良くやりました。少し作業が粗雑です、きちん
とするように希みます。」と、書かれていました。
 今風に言えば、その男の子は、「ADHD」あるいは、「LD」と、呼ばれる子どもであったので
しょう。とにかく、その子はおもちゃは分解する。怪我は絶えなく数針縫う事も珍しくありません
でした。きっとお母さんは大変だったと思います。小学校に入学した男の子は、吃音(どもり)を
心配した校長先生の勧めで聾学校に通いました。そして男の子は、大きくなったら言葉の先生
になろうと強く決心しました。電話を発明したベルはお母さんも奥さんも難聴者で、お父さんは
当時の言葉を教える先生だったそうです。当時の補聴器が残っています。巨大なパイプのよう
なものです。又、ベルとヘレン・ケラーが非常に親しくしていたことも、有名な話です。
 さて男の子の夢はかないました。私は、言語のリハビリと関わる中で、大脳生理学や神経心
理学の研究を進めました。知的なハンディキャップや身体のハンディキャップについての研究を
するようになりました。いろんな子ども達やご老人と接するようになりました。私の物語は、私
の生き方を決定づけただけでなく、真実を教えてくれました。それは、何が大切か、何が本物
かということです。今の私にとっての最終テーマは、「脳と心」です。
 私の人生は、失敗ばかりでした。恥ずかしい思いをいっぱいしました。それでもみんなに助け
てもらってやって来ました。20才までの「小さい頃の私」とそれ以降の「大きくなってからの私
に」まとめてみました。読んで笑ってください。

この人を通して世に出た 家の前で下駄を履いて野球する 2002年元旦

子どもの頃の私
大きくなってからの私
父のこと
どもりが気にならなくなった
上に戻る
直前のページへ

散文と詩集
散文と詩集
カトリック新聞
カトリック新聞
「わが85」吉川常夫回想録
「わが85」吉川常夫回想録
「わが90」と年表
「わが90」と年表


友から友へ